丁寧にケア

では、どのようにして、ハンドクリームによる手肌ケアを行えばいいのでしょうか? その答えは、手肌のすみずみまでやさしくいたわる気持ちで、丁寧に保湿ケアをしてあげるということです。

ハンドクリームの塗り方のコツとしては、指先や爪も忘れず、しっかりとハンドクリームをつけて保湿してあげること。

保湿ケアの時間に余裕があるときには、指の一本一本にまで、しっかりとうるおいが浸透するように、爪や爪のまわりにも、丁寧にハンドクリームをなじませるようにしてあげてください。
また、ハンドクリームで保湿している際に、合わせて、手指のマッサージをしてあげることも重要です。

ハンドクリームを塗った後は、手指がなめらかな状態になっていますので、疲れた手指をマッサージしやすくなっています。 保湿ケアと同時に、疲れを癒やしてあげるマッサージも行うようにしましょう。

ハンドクリームの塗り方としては、指先までめぐりを促しながら、爪や爪のまわりにもしっかりと水分と油分を与えてあげることがポイント。
そうすることで、乾燥からくるささくれや爪の割れといった症状も防ぐ効果が期待できます。

こまめな頻度で行う保湿ケア。 保湿の効果を高めるためには、丁寧に、指先や爪も忘れることなく、気持ちを込めて保湿してあげることが重要です。
気持ちを込めてケアすることで、あなたの手肌もより美しくなっていくことでしょう。