うるおい

手肌を美しく保つためには、乾燥を防いであげる必要があります。 肌が乾燥してしまいますと、手荒れなどの原因となってしまいますので、手肌の印象がどんどん悪化してしまいます。

ハンドクリームを活用しながら保湿のケアをするのも、お肌を乾燥から守るためなのです。

お肌は、紫外線を受けることによって乾燥します。 また、空気の乾燥はもちろんのこと、エアコン使用時の湿度の低下や、日々の手洗いでも、肌のうるおいは失われてしまいます。

お肌が乾燥してしまいますと、手荒れが進んでしまうだけでなく、しだいに角質層に亀裂が入り、ひびやあかぎれといった症状を引き起こしてしまいます。

ハンドクリームで手肌を保湿してあげることで、乾燥が原因となる手肌トラブルを防ぐ効果が期待できますので、しっかりと習慣化させるようにしましょう。

手肌ケアは、たまに行うだけでは、あまり効果がありません。 こまめな頻度で、お肌が乾燥してしまう前に、しっかりとうるおいチャージしてあげることが重要です。

キッチンや洗面所などの水回りには、ポンプタイプのハンドローションを常備するなど、いつでも保湿ケアができる状態にしておきましょう。

また、お化粧ポーチの中やベッドのそばにも、ハンドクリームを常備しておきましょう。 外出中はもちろんのこと、就寝前においても、いつでも保湿ができる状態にしておくということが、まめな保湿ケアを行うためには重要となります。